2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

アーカイブ

ホーム > 一行三昧~足利ZEN~ > 福厳閑話 > 秋季彼岸会

2021.09.20

秋季彼岸会

お彼岸会

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれますが、春秋二季のお彼岸は四季の美しい日本特有の仏教行事(仏教週間)です。

 

お寺参りやお墓参りをして祖先のご恩を偲び、今の恵みに感謝するとともに、自分の生活を静かに反省す修養すべき時が「彼岸」です。

 

つまり「菩提の種をまく日」です。

 

仏教では煩悩(欲望・迷い)の多い私たちの世界を「此岸(しがん・こちらの岸)」といい、

それに対して迷いや執われのない心の自由な世界、理想の世界、仏の世界(極楽浄土)を「彼岸(かの岸・あちらの岸)」といいます。

私たちの現実の世界である此岸から、理想の浄土である彼岸へ行きつくこと(到彼岸)を梵語(サンスクリット語・古代インド語)で「パーラミッター」といい、これを漢訳して「波羅蜜多(はらみた)」といいます。

彼岸に渡るためには「六波羅蜜」という六つの実践徳目があります。

 

1、布施(ふせ・ほどこし)・・・喜んで与える

2、持戒(じかい・いましめ)・・・自他の生活を守る

3、忍辱(にんにく・しのび)・・・わがままをいわず耐えることを知る

4、精進(しょうじん・はげみ)・・・生かしあう努力をする

5、禅定(ぜんじょう・おちつき)・・・あわてず心を乱さず、おこたらず

6、般若(はんにゃ・智慧)・・・いかしあう智慧

これら六つの実践を心掛けて過ごすことが、彼岸会の本当の過ごし方です。

現在の心安らぎにくい世の中において、このような自己を正しく行動させることが、自分自身を活かす為の良い種まきになるのです。

そして、「菩提(悟り)の種をまく日かな」と彼岸の日々の行いが、実を結んだと実感できる時が来るのです。

(写真の掲示書は約二十年前に梁島先生がお書き下さったものです)

ページトップへ