2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

アーカイブ

ホーム > 一行三昧~足利ZEN~ > 福厳閑話 > 大般若会満散

2022.01.03

大般若会満散

元旦から3日まで、福厳寺の大きな行事の一つ、「大般若会」が満散(行事の終了)となりました。

三が日の期間、朝課で大般若経を転読しております。本日3日で600巻の大般若経を転読し、天下泰平・万民豊楽・五穀豊穣・息災延命を祈願回向致します。

 

 

御祈祷はもちろん、法事や葬儀でも経典読経の最後に唱える回向は非常に重要なものです。

回向とは、読経による功徳を回り向け与えることです。つまり、願いを届けることができるのです。

 

この大般若会での回向は、一年でお唱えする回向の中で、最も長文です。

 

滿
國栃木県足利市多宝山福厳寺丘瑞雲(住職道号)、値、祚、日、經、品、滿呪、呪、滿呪、呪、來、大聖薩、薩、般若会上諸尊菩薩、及十六善神、

天、天、天、王、王、西王、王、天、韋駄尊天、摩利支天日月兩宮子、界列位、一切聖衆、地界界大小明靈歳分主執陰陽權衡造化賞善罰惡一切聰明南方君、

辰、辰、衆、辰、。当山鎮守秋葉山大権現、宮、薩、神、神、神、神、神、王、王、滿神、内、徳、祇、神、使者、祇、方忌將、盡祈祷會上無邊靈貺、憑茲善利普用回嚴、專願。仏法興隆、伸心倍増、四海安穏、五穀豊穣、諸難不起、諸病悉除、次祈。山門鎮清、火盗潜消、現前一衆、修行有慶、進道無魔、般若智以現前、菩提心而不退、四恩総報、三有遍資、法界群生、同円種智。方三世一切諸仏諸尊菩薩摩訶薩摩訶般若波羅蜜。

 

 

というように、非常に長いのです。通常読む回向文の五倍ほどありましょうか。多くの菩薩様・仏様はもちろん、日本国内の神々に祈りを届け、祈願成就を祈るのです。

長い回向文から、この大般若会の満散回向がいかに大切か、重要かがかわります。

建長寺修行道場(僧堂)でも、正月三が日は大般若会を朝課の後に行います。三日目の満散にて、この長文の回向をスラスラと読めるように懸命に練習していたころを思い出します。

ご利益のおかげで、今はこの回向文も読めるようになりました。

ページトップへ