2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

アーカイブ

ホーム > 一行三昧~足利ZEN~ > 福厳閑話 > 達磨忌

2021.10.05

達磨忌

10月5日は禅宗初祖である達磨大師のご命日、「達磨忌」です。

福厳寺などの、禅宗寺院では「二祖三仏忌(にそ さんぶっき)」と呼ぶ重要な法要があります。

「二祖」とは、禅宗初祖達磨大師(達磨さん)寺院の開山様(福厳寺は実堂権和尚様)です。

お二人のご命日には、達磨忌(10月5日)開山忌(7月20日)として報恩の法要を致します。

さらに、「三仏忌」とは、仏教の開祖であられる釈尊(仏陀・お釈迦さま)の誕生日をである「降誕会(ごうたんえ・花祭り)」、お悟りを開かれた「成道会(じょうどうえ)」、お亡くなりになられた「涅槃会(ねはんえ)」の三つの遠忌法要です。

福厳寺では、「二祖三仏忌」に住職・副住職が朝課にて報恩の読経を勤めます。

10月5日の「達磨忌」には本堂上間床の間に、寺に伝わる特別な達磨大師のお軸をお掛けしております

ギョロリとした眼で、見る者を圧倒させます。

達磨大師の四聖句は下記の四つです。

「不立文字(ふりゅうもんじ)」・・・真理は文字言葉では伝えることはできない

「教外別伝(きょうげべつでん)」・・・経典などの教えの外に直接心に伝わる教えがある=以心伝心

「直指人心(じきしにんしん)」・・・ずばっと自分の心(真実)を指せ

「見性成仏(けんしょうじょうぶ)」・・・本来の自分を悟る(覚める)ことが仏となることだ

 

達磨さんの眼には、真実の自分に気づけというメッセージがあります。

 

ページトップへ