2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

ホーム > 一行三昧~足利ZEN~ > 坐禅会 > 5月 坐禅会 1

2023.05.14

5月 坐禅会 1

本日は雨の中、お2人が坐禅会にご参加下さりました。

 

雨垂れの音が響く本堂内で、静かに三炷(三回)坐禅を致しました。

後半には降り注ぐ雨も止み、小鳥たちのさえずりが聞こえてきました。今年初の鶯の声も聞こえ、心地よさが倍増しました。

 

雨が降ると足下がぬかるみます。お帰りになる皆さんの足跡が境内には残されていました。

 

 

仏教には「三獣渡河(さんじゅうとが)」という教えがあります。

『岩波仏教辞典』によると、

三獣は兎・馬・象をいう.『大毘婆沙論(だいびばしゃろん)』や優婆塞戒経(うばそくかいきょう)などに,三獣が河を渡るとき兎は水上に浮かび,馬はその足が水底に至るものと至らざるものがあり,象は底を踏んで渡るという喩えを挙げ,それぞれを声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)・如来(にょらい)の悟りの深さに喩える.また『法華玄義』では三獣を二乗(声聞・縁覚)と菩薩とに配する.

 

とあります。

「徹底」という言葉は、この像の足が「底に徹する」=「徹底」から由来しています。

仏教を深く理解することを「徹底」と呼び始め、現在では一般に「物事を貫く」などの意味で使用するようになりました。

 

本日も坐禅に〈徹底〉して頂けたことと思います。しっかりと底に徹しておりました。

ページトップへ