2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

ホーム > 一行三昧~足利ZEN~ > 坐禅会 > 5月坐禅会 壱

2022.05.01

5月坐禅会 壱

五月朔日(一日)、本日の早朝坐禅会はお二人の常連さんと三人で坐りました。

 

坐禅会の始まる前に、坐禅の基本「調五事」について分かりやすい説明書きがありましたので、みなさんにシェアしました。

早速、内容を取り入れて坐禅に良い影響があったそうです。

 

 

五事を調える(調五事)

 

調食・・・適度な食事をとる

調眠・・・適度な睡眠をとる

調身・・・身体を調える

調息・・・呼吸を調える

      『天台小止観』(天台智顗が説いた止観についての説明書)では

「風」「喘」「気」「息」

 

「風」とは、息をしているとき、息の出し入れに鼻のところで音がするのが「風」。

「喘(せん)」とは、息をすると、鼻からの呼吸の音はしないが、息の出入が滑らかでなく滞りや途切れることがあるのが「喘」。

「気」とは、息をする音もなく、息が滞ることもないが、呼気と吸気がなめらかでないのを、「気」。

「息」とは、息をするとき音もなく、息が途切れたり滞ったりする乱れもなく、粗くもなく、息をしているのか、していないのか、分からないようになるのが「息」ある。

 

調心・・・心を調える

     『天台小止観』では

 「沈」「浮」「急」「寛」

  「沈」とは、心中が昏暗。記憶もはっきりしない。頭も垂れ下がる。

    ・精神を鼻頭に集中し、心を散らさないように工夫する。

 

「浮」とは、心が揺れ動く。体も落ち着かない。つい他のことを考える。

    ・心を下方に向けて落ち着ける。精神を臍に集中する。

 

「急」とは、気が上方に向かう。胸が苦しむ。

    ・心を解き放つ。気はみな流れ下ると思う。

 

「寛」とは、心志がだらける。体が斜めにのめり込む。心が暗くなる。

    ・姿勢をきちんと正す。心を引き締める。心を一つの物に集中させる。

 

         参考・「禅と出会う」〈春秋社〉 横田南嶺老師著

ページトップへ